太陽の画家・三谷祐資

【問い合わせ】 

作家プロフィール(画家・三谷祐資)

1946三重県伊勢市に生まれる
1976~77シェル美術賞展佳作賞
行動美術展奨励賞
日仏現代展出品
行動美術展T氏賞
1978東洋と西洋の比較のため、ヨーロッパからインドまで放浪
1981行動美術協会を退会、以後フリーになる
1983信楽にて金彩による陶壁画制作
1984日本国際美術展出品
1989ABCギャラリーにて「絵画と音楽でつづる大叙事詩」展
ユーラシア大陸の聖地を描いた絵画が100メートルになる
この中に描いた太陽が初めてで、神秘的な出逢いにより描く事になる
1990フェスティバル・リサイタルホールロビーに、絵画制作
この頃より日本の四季がテーマの大作を描くため、富士から東北各地を取材
1992第61回式年遷宮に際し、伊勢神宮へ絵画制作・奉納(「常世の国」1000号 「うつくし国」150号)
1994中国・モンゴル取材旅行、東京の百貨店個展
1995~98ノルウェー縦断4200km取材旅行、ミャンマー取材旅行、フランス取材旅行
1999アフリカ取材旅行。2000年を迎えるにあたり、西暦の国イスラエル・エジプト取材旅行
2000大阪の画廊・百貨店にて「Millennium2000光への賛歌」「日本の心」をテーマに個展
2001インド・ネパール取材旅行
1990~2004「四季の国・日本」の取材に日本各地を廻る
1990~2005札幌・東京・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・北九州など、各地で個展多数開催
2005愛知万博に全長170メートル巨大絵画「四季の国・日本」を出品
2006富士山本宮浅間大社 御鎮座1200年奉祝 絵画制作・奉納
(「富士 うま し国」全長18メートル 「煌雲昇陽」200号 「富士爛漫」200号)
2008グリーンランドへ氷山の取材
2014富士山世界遺産登録 初めて元旦に上空4000mよりヘリで取材
2015知床半島の流氷を上空より取材
ライトアート制作開始
2016宇宙からの光のエネルギーを表現した、新しいシリーズ「ライトアート」展を開催
2017Art Revolution台北 に出展
2018兵庫県立美術館ギャラリーにて、全長170m 『四季の国・日本』展 を開催
「グリーンランド氷山」展、「静寂と情熱」展、「Fuji 富士 ふじ」展、「富士山に臨む」展、
「ありのままの地球を描く」展、「ライトアート」展、「四季の国・日本」展など日本各地で個展多数開催
連絡先 アトリエ・ミタニ ( Tel:079-566-0020 / Fax:079-566-0025 )